ロゴ
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン

7月の企画展 寺井陽子 陶展

2017年7月21日(金)〜30日(日)

11:00〜18:30 会期中無休

仙台の里山に暮して数年

憧れていた自然のすがたが
あまりにも鮮やかに ここにはあります
みえないものに 想像はふくらみ
鬱蒼とした森に 何かがうごめく
いのちに満ちた 暗闇に惹かれています
魚が飛んで 狐が泳ぐ夏の夜
食器や花器、壁の装飾などを展示いたします

寺井陽子 プロフィール

1995年 京都市立芸術大学陶磁器専攻卒業
2011年 仙台市に工房移設
国内外にて発表を続ける

6月の企画展 武田武人 陶芸展

2017年6月21日(水)〜30日(金)

11:00〜18:30 会期中無休

武田武人さんとのお付き合いは約40年になります。
振り返ればいつも新しい物を模索し、
錆釉、金銀彩、色釉、白化粧、
幾何学模様が施された思いがけない変形の花器、
六面体の器 等、多彩な技法を試み、
私たちを楽しませてくれました。
今年はどの様な技で作陶されているのでしょうか。
待ちたいと思います。

5月の企画展 Tulla インドの布展

2017年5月10日(水)〜19日(金)

11:00〜18:30 会期中無休

Tullaは手紡ぎ手織りのカディコットン、カンタ(刺し子)、
ジャムダニ織り(縫い取り織り)といったインド古来の素材と
技法を使い、多くの手を経て大事につくられたぬの(ストール・
オリジナルウエア)をお届けします。
どうぞこの機会にお手にとってその心地よさをお試しください。

3月の企画展 AURAシリーズ VOL.5 北野史 木工展

2017年3月22日(水)〜31日(金)
11:00〜19:00 会期中無休

木を彫る、削る、
組む、色をつける、
糸や布と合わせる。
その度に違う表情を見せる
木の性質が、制作する楽しみを
膨らませてくれます。
造形作品、花器、器、
アクセサリーなどを
展示いたします。

北野 史
1984年 千葉県生まれ
仙台在住
横浜美術短期大学、東京藝術大学大学院卒業
刳りもの、挽物を中心に
木工の様々な表現を探っています。

あけましておめでとうございます

12月の企画展 小野寺公夫 漆芸展

2016年12月12日(月)〜22日(木)

11:00〜18:30 会期中無休

今年も小野寺公夫さんの漆器の季節がやってきました。
朱と黒の器を、新しい年のくらしに取り入れてみませんか。
小野寺公夫
瀾漆工房主宰 鳴子在住
気仙沼市生まれ
澤口悟一、滋氏に師事
日本民芸館民芸館展賞 激励賞
1993-2015  ギャラリー蒼二人展
1997-2016  ギャラリー蒼個展

11月の企画展「土土土 二人展」伊藤正 林友子

2016年11月21日(月)〜30日(水)

11:00〜18:30 会期中無休

花巻の陶土から生まれる花器、蓋物、箱、香合、器等、
伊藤正さんの陶造形作品。
納得のいく土素材(黒土、白土、黄土、赤土)を見つけ、
漆喰仕立てのマティエールを楽しみながら
平面作品や球体オブジェを作り出す林友子さん。
二人の作品をご紹介します。

伊藤正(花巻在住)
林友子(東京在住)

10月の企画展 神田美穂,神田早穂 編みフェルト展

2016年10月29日(土)〜11月7日(月)

11:00〜19:00 会期中無休

これからの季節にふさわしいカシミヤ、ラムウールを素材に、
ジャケット、コート、マフラーなど
想像を超えた技法、発想、色彩、デザインは、
身にまとう楽しさを引き出してくれます。

10.29(土)18時よりオープニングパーティー

10月の企画展 津田千枝子 型染展

布に沿う色と形
津田千枝子型染展
2016年10月1日(土)−10日(日)
11時-19時 会期中無休

帯地、数寄屋袋、ストール、型染布、敷物、バッグ

レクチャー「素材について」
10月1日 18時〜

プロフィール
津田千枝子
東京芸術大学絵画科(日本画専攻)卒業

型染めの仕事は素材となる生地の上に染めるものなどで
どのような布を選ぶかということがとても大切な要素と
なると思います。私が使用している布は一本の糸を作る
ところから手仕事で生まれた表情豊かな布です。
最終的に私が手を入れることによってそこなうことなく
ものづくりの一体感のある布になるように心がけたいと
思っております。
作品集「KATAZOME」より

7月の企画展 田代里見(白磁)+青木三千代(金属)二人展

2016.7月20日(水)-29日(金)
11時-19時  会期中無休

白磁と金属(銅・錫)とを組み合わせてもう一つの作品となる。
そんな試みをお願いしてあらたな二人の楽しい作品が生まれました。
わくわくと心躍る二人の作品展をご案内いたします。