ロゴ
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン

11月の企画展「土土土 二人展」伊藤正 林友子

2016年11月21日(月)〜30日(水)

11:00〜18:30 会期中無休

花巻の陶土から生まれる花器、蓋物、箱、香合、器等、
伊藤正さんの陶造形作品。
納得のいく土素材(黒土、白土、黄土、赤土)を見つけ、
漆喰仕立てのマティエールを楽しみながら
平面作品や球体オブジェを作り出す林友子さん。
二人の作品をご紹介します。

伊藤正(花巻在住)
林友子(東京在住)

10月の企画展 神田美穂,神田早穂 編みフェルト展

2016年10月29日(土)〜11月7日(月)

11:00〜19:00 会期中無休

これからの季節にふさわしいカシミヤ、ラムウールを素材に、
ジャケット、コート、マフラーなど
想像を超えた技法、発想、色彩、デザインは、
身にまとう楽しさを引き出してくれます。

10.29(土)18時よりオープニングパーティー

10月の企画展 津田千枝子 型染展

布に沿う色と形
津田千枝子型染展
2016年10月1日(土)−10日(日)
11時-19時 会期中無休

帯地、数寄屋袋、ストール、型染布、敷物、バッグ

レクチャー「素材について」
10月1日 18時〜

プロフィール
津田千枝子
東京芸術大学絵画科(日本画専攻)卒業

型染めの仕事は素材となる生地の上に染めるものなどで
どのような布を選ぶかということがとても大切な要素と
なると思います。私が使用している布は一本の糸を作る
ところから手仕事で生まれた表情豊かな布です。
最終的に私が手を入れることによってそこなうことなく
ものづくりの一体感のある布になるように心がけたいと
思っております。
作品集「KATAZOME」より

7月の企画展 田代里見(白磁)+青木三千代(金属)二人展

2016.7月20日(水)-29日(金)
11時-19時  会期中無休

白磁と金属(銅・錫)とを組み合わせてもう一つの作品となる。
そんな試みをお願いしてあらたな二人の楽しい作品が生まれました。
わくわくと心躍る二人の作品展をご案内いたします。

6月の企画展 AURAシリーズVol.4 青木一則×大橋睦 2人展

2016年6月23日(木)〜7月2日(土)

11:00〜19:00 会期中無休

青木一則(絵画)
大橋睦(陶芸)

宮城県出身の作家の作品展を開く機会を作り
その活動をご紹介するAURAシリーズも4回目を迎えることになりました。
ジャンルを超えた作家たちがひとつの空間で刺激しあい作用し
新しい発見につながっていくことを期待しております。
青木一則さんの新しい取り組みの微妙な色彩の重なり合う肖像画シリーズ、
大橋睦さんの器は土と赤松の炎から美しい表情が生まれました。
ご覧頂きたくご案内申し上げます。

平形の森 アート散歩

2016.5.21(土)22(日)
10:00〜17:00
コンノアートワークスタジオ 平形の森会場
入場無料 雨天決行

詳細は下記HPをごらんください。
www.hirakatanomori-art-sanpo2016.jimdo.com
※著しく悪天候の場合は、当日午前8時に開催か中止かを決定して上記HPに掲載します。

主催 平形の森アート散歩実行委員会
後援 仙台市市民文化事業団
問い合わせ ギャラリー蒼 森美枝子

12月の企画展「漆と墨染め」2人展 小野寺公夫+菊池昌子

2015年12月9日(水)〜18日(金)

11:00〜18:30 会期中無休

日本が誇る漆と墨。墨で染めた麻布と漆器の現代生活への提案です。

小野寺公夫(1943年生まれ。鳴子在住) 菊池昌子(1953年生まれ。鴨川市在住)

11月の企画展 竹久野生展 「化身」緑のシンフォニー

2015年11月9日(月)〜18日(水)

2会場で同時開催

●ギャラリー蒼sou

 11:00〜18:30 会期中無休

 

●オンワードスクエアギャラリー(青葉区二日町12-34)

 10:00〜17:00 日曜休廊

お問い合わせはギャラリー蒼まで

コロンビア在住の美術家 竹久野生さんは、
麻にも似た竜舌蘭から取られる伝統的な繊維FIque(フィケ)が
失われていくことを悲しみ、
青、紫、黄色に染め、フィケ作品として
現代によみがえらせたいと考えています。
2つの会場でインタレーションとフィケからイメージされた
絵画作品を展示します。

竹久野生 プロフィール—————————————————————
東京生まれ
1966年 上智大学文学部史学科卒業、
その後京都大学農学部林学科にて造園を学ぶ。
1968年よりコロンビア共和国に造園家の夫と共に移住。
1980年コロンビア国立大学芸術学部美術科卒業。
パブロ・ネルーダの詩「マチュピチュの高み」のために
FOSILIZACIION(化石化)と題する作品を制作。
矢内原伊作お詩とともに、みすず書房より出版される。

10月の企画展 神林學 作品展

2015年10月7日(水)〜16日(金)

11:00〜18:30 会期中無休

一瞬の動きをとらえる線と柿渋、和紙、スタッコ、ワイヤー、鉄粉を使い
不思議な立像を生み出す彫刻家、神林學の世界をご案内いたします。

7月の企画展 てのひらワークス 靴を誂える仕事展

展示と靴つくりワークショップ 小林智行

2015年7月22日(水)〜26日(日)

11:00〜19:00 会期中無休

作家在廊日 25.26日

サンダルワークショップ
7月25日(土)12:00〜17:00
会費20,000円 参加人数8名 要申込
申込締切 7月18日(土)
※お電話にてお申し込みください。

千年の刻を続いて伝えられてきた塩と菜種油と
太陽と風だけで鞣す技法でつくられた
生成りのうつくしい白鞣の靴と藍染めを使った小林智行の靴、靴。